momozo日記

兵庫県の端っこ赤穂市で、コミュニティスペース「古民家tunagu」を運営。まちづくりや子育てサークル・あこう子ども食堂などの活動のほか、赤穂のイベント情報・グルメ情報、おうち居酒屋「momozo亭」のお料理やレシピなど更新中。
<< は〜ちゃんのお弁当事情。 | main | 子育て支援者研修会… >>
大学入試制度改革。

昨日は、高校の研修会。

 

大学入試制度改革についての研修会でした。

 

めちゃくちゃよくわかった。

 

企業や社会の求める人材が変化することで

大学入試も変化

 

評価の要素

 

主体性をもって協働的に学ぶ

知識の理解 ぎじゅつの習得

思考力判断力表現力

 

たしかにたしかに。

 

これ、天野さんのプレーパークの話とリンクするー。

 

ここから甥っ子と教育対談・・

 

学校は、みんなと同じことができないと怒られるし

人と違うことをしてたら、あの子おかしい〜という学校。

 

でも、大学や社会に出たとたん

人と同じことを言ってたら、能力ない

やる気がないとか。言われたことはできるのに・・とかいわれる。

 

教育と社会がリンクしてない。

 

ただ、そういう学校教育に全く反対ではなくて

これもないといけない。

みんなと一緒に何かをするとか

同じことの中に違うことをできる環境をつくれるのは

学校だけだから。

その中で、何かをやろうとする意志を持つのが大事かなと思います。

 

要は、「バランスの良い人間」とか「適応できる人間」

 

勝手なことばっかりしてるのもどうかと思うし、だから学校も大事。

学校に行かなくてもそんなコミュニティがあればいいのかもしれないけれど

色んな人に出会うというのは、学校以外では難しいかもしれない。と私は思う。

狭いところ(小さなコミュニティ)・・ではだめなような気がする。

いけないことを踏まえ自分の判断で行動できれば一番いい。

学校の教育通りに、人と同じで何も思い浮かばないとかいうのもどうかと思うし

要は、バランス。

 

そういう人間が社会をひっぱっていくんでしょうね。

育ちだけでなく、資質もあるしね。

 

みんなが同じではない。

 

人には役割があるから

みんな違うことで社会が成り立っているので

どういう人が良くて悪いなんてないと思うんです。

 

今の制度を管理してる頭ガチガチの人たちがいなくなって

新人類みたいなめちゃ賢い(頭がいいという意味ではなく)人たちが

社会を担うようにならないと変わらないと思う。

 

きっと教育も社会も変わると思います。

その時までに、色んなことのできる子どもたちを

今現場の人間がよく育てることが大事かなと思います。

 

親も変わらないといけないと思う。

親の価値観をただ押し付けて

子どものやろうとする力を閉じ込めてしまっている親も多い。

親は、ひたすら忍耐。

子どもがなんでも、自分の言うことを聞いていい子が一番と思っていて

でも、自分で何もできない子って不満を言う

そりゃ、おかしな話だ。

そんな風に育てたのはあなたでしょっていつも思う。

 

全く話がそれたけど、大学入試改革の話に戻ります。

 

国語は記述問題の導入

英語も、話す、書くを評価へ

一番の変わる部分は、

高校の間に、いかにその大学に入りたいかとか(大学へ参加)

早いうちに決めとくのが大事で

その大学の傾向を調べて、何をすればよいかを調べることかなと。

 

もうこの時点で、それができる子が選ばれるんですよ。

そういうことです。

何もできないやつはそもそも無理な仕組みを作ってるんですよね。

高校の時から、オープン講座とかに参加して

そこで研究に参加するとか

プレゼンするとか。

 

留学経験や、検定も重視。

これもやる気の評価みたいなもん。

 

プレゼン大事やね。

勉強できてもプレゼンできない人たくさんいますね 笑

学力届いてなくても、そこでかなりカバーできるらしく

いわゆる大学が必要とする人材が欲しいんですね。

 

あと、ボランティアも評価される。

1年の時からボランティアとかに参加するとか

地域の活動に参加させるようなこと言ってました。

 

もうすでに、ボランティア活動の評価は始まっていて

今の高校生の中には、推薦とか目的で

ボランティア参加する子も多いみたいです。

ただ、ボランティアするだけではだめで

やはり評価なりをつけた方がいいかなとかも思います。

そこで、ベネッセのマナビジョン登場!

もうシステム化してるし。

 

あと、上位の子はほとんど塾には行ってないみたいです。

塾に行くよりも学校の授業しっかり聞いて

小テストがっつりやる方がいいとおっしゃってました。

ちなみにうちも、塾は行かせてないです。

というよりも、本人の意思で行かないと決めてる。

留学も検定も本人の意思ですべて決めてます。

寝てしまって、勉強せずにテスト受けたりしますけど

それでどうなったか、自分で判断したらいいと思います。

自己責任ですから。

 

私も、親からそういわれて育ってきました。

怒られたこともないし、勉強しなさいとか言われたこともないし

なにも強制されたことはないし

自分のやりたい興味のあることを伸ばしてくれたように思います。

 

やりたくないことも続けることには意味があって

その先の自分の目指すものへたどり着けるなら

我慢もできるんだろうけど、

親の「途中でやめるのはだめ」という親の価値観で判断するのは

良くないと思います。

 

そういいながら、私が子育てがうまくいったというとそうではなく

相当な苦労をしています。

私ほど、色んな苦労をしている人間はいないと思うくらい。

でも、それも、今になっては経験となって

私のような人になにかできれば・・とおもい活動しているのですから

人生なんてわからないもんです。

また話がそれましたが(笑)

 

とりあえず大学入試改革 どうなるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

| momozo | 子育て情報 | 12:51 | comments(0) | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ 広告
+ おすすめ
+ フリースペース
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ おすすめ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE